フライフィッシングをはじめてみませんかぁ~♪ 7話

こんにちは。

2020年7月8日(水)

朝の大雨が嘘だったように晴天となった今日、明日から連続の雨天になってしまいそうなので、「行ける時に…」と、コバス釣りに行って来ました。

毛鉤ならではのマイクロサイズの釣りっ!

小さな小さな ”コバス” と呼ぶにはあまりにも小さなバスです。

「マイクロバス」ですね(笑)

フライ(毛鉤)はこんな感じの、バリバス2110#18番に巻いたカディスです

バリバス フライ フック 2110 #18 2300 #22

同じパターンを#22番フックに巻けば、オイカワフ用のフライになります。

そして、サイズを下げたフライを使うと…。

さらに小さなバスもフッキングします。

たぶん、こんなに小さなバスは、フライでしか釣れないでしょうね。

何度も紹介していますが、上の画像の超チビセイゴなども、フライじゃないと狙って釣るのは不可能ではないでしょう?

フライをキャスティングできればいいので、フライタックルでなくても ”オモリウキ”を使ったルアータックルで釣る事も可能です。

オモリウキの釣りからフライフィッシングへ。

私自身は、ルアーフィッシングよりもフライフィッシングが好きなのですが、フライフィッシングは何かと敷居が高い釣りでもあります。

ですから、とりあえずは ”手軽&安価に入手できるルアータックル” を使って、フライをキャスティングし小さな魚達を釣ってみて欲しいのです。

小さな魚達を釣ってみて、「釣りは魚のサイズに関係無く楽しい」と感じる事ができた皆様。

「フライフィッシングをはじめてみませんかぁ~♪ 」

最近は、フライタックルメーカーも ”渓流魚” 以外のフライフィッシングの普及に、力を入れ始めているようです。

いつも参考にさせていただいている ”車田フィッシング” さんが先日アップした動画です。

とくに(後編)は、これからフライを始めてみようかなぁ?と思っている方にはオススメです。

私もたいへん勉強になりました。

フライラインを巻く ”フライリール” については、奥山文弥さんが動画で詳しく解説しています。

フライフィッシングをはじめてみませんかぁ~♪ 6話へ戻ります。

フライフィッシングをはじめてみませんかぁ~♪ 8話へ続きます。

ブログ最新記事へはこちらから。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング