フライフィッシングで海! 3話

こんにちは。

2019.04.16(火)

フライフィッシングで海 3話です。

今春から久しぶりに再開した、フライフィッシングでの海釣りですが、

「もぅっ! 絶好調っ!」

ですっ!(笑)

住んでいる場所が名古屋港の近くという事もあり、最近はほぼ毎日のように暗くなると通い込んでいます。

キャストした水面付近のフライに、魚が次々とアタックしてきます。

釣り人として、これが楽しくないワケがありませんっ!

この感覚は昨年秋のバス釣り以来、味わえていませんでしたので、最近は取り憑かれたように毎晩海へ通っています。

フライフィッシングをはじめてみませんかぁ~♪ 3話 バス爆釣編

テラピア釣りなどで、魚の数自体はたくさん釣る事も多いのですが、水面(付近)でのバイトが確認できる釣りの楽しさは、やはり別格の楽しさですね。

超極小ワーム YAMASHITAワームバケでの釣り! 8話

元々フライフィッシングを始めたキッカケは、意外と思われる方も多いと思いますが、この魚”セイゴ”からなんです。

ルアータックルでのワームを使ったセイゴ釣りをしていて、

「この魚(セイゴ)ってほとんど水面で喰って来るんだから、フライフィッシングのほうが釣れるんじゃないのかなぁ?」

オモリウキ考 1話

と思ったのが、私がフライフィッシングを始めたキッカケなのです。

それが約20年前ですが、その間に鯉やバスなどもフライフィッシングで釣っているうちに、すぐ近場の”海でのフライフィッシング”は忘れていましたね。

セイゴのベイトは、” ハク ” ?

この日は途中から、ルアータックルで”オモリウキ”をキャスティングする釣りにチェンジ。

フライタックルに比べると、やはりルアータックルでの釣りは楽ですね(笑)

特に遠い場所でライズをしている魚を釣るために、遠投を強いられる時などは、フライタックルと比べて手返しが良いです。

そして、釣ったセイゴが吐き出した”ベイト”の写真がコレです。

「カタクチイワシかな?」

と思いましたが、それよりはシルエットが丸っこいです。

写真を釣りの師匠、”F氏”に送って見てもらうと、

「ボラの稚魚 ハク じゃないかな」

との回答がありました。

「ハク…? ボラの稚魚って イナ じゃないの?」

恥ずかしながら私はボラの稚魚を、”ハク”と呼ぶとは知りませんでした。

早速インターネットで調べてみると、イナよりも小さなモノを”ハク”と呼ぶみたいですね。

セイゴが捕食しているベイトが確認できたので、また一つ釣りが進歩しそうです。

とくに、フライパターンやルアーカラーなど、今後は”ハク”を意識してみようと思います。

ハードルアーでのセイゴ釣りもっ!

こんなにセイゴが良く釣れるなら、ハードルアーでの釣りもやりたくなってきますね(笑)

メインイメージ

私は普段、ほとんどハードルアーの釣りはしません(¥高いので…)が、今は中古ルアーを扱うお店が多いので、「探してみようかなぁ…」と思っています。

「セイゴをどうしてもルアーで釣ってみたい・・・。」

という思いを原点として誕生した、超メジャーなミノーバスディ シュガーミノー」は、好きなのでかなり以前使ったことがあります。

今は、”メバル用”とか”管釣り用”とかで、セイゴ釣りにも流用できそうなミノーがたくさんあるので、現在それらをお持ちの方は、セイゴにも試してみるとオモシロイのではないでしょうか。

http://www.bassday.co.jp/special/?id=14

フライフィッシングで海 4話 へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング