コメント

皆様の声をお寄せ下さい。

安藤商会へのメール連絡はこちらより。mitsuoan3208@outlook.jp

4 Replies to “コメント”

  1. amagochan6332様へ

    コメントありがとうございます!

    ユーチューブの動画は先週、釣りの師匠 F氏と一緒に観ていて、

    「どういった経緯で、こんなシステムで釣っているのだろうか?」

    と、二人で話していました。

    ですが、まさかっ!、ご本人からコメントがいだだけるなんて、思ってもいませんでしたので、すごく驚いています!!

    コメントの中で、「私のシステムは湖の大物を釣るために考えたもの…」とありましたが、カテゴリーの違う釣りの中からアイテム選び組み合わせ、結果の出せるシステムを構築するのは、よほど釣り全般に造詣が深くないと出来ないことだと思います。

    自分も、今後満足度が高い釣りをするために、もっともっと視野を拡げたいと思いました。

    ブログの内容は、ベテランの釣り人の方には、”お粗末な話”ばかりですが、思い出した時で結構ですので、たまにのぞいてみて下さい。

    どうもありがとうございました。

  2. はじめまして。
    ユーチューブを見ていただき、ブログにも取り上げていただいてありがとうございます。
    たまたま、柏木流を検索していてブログを見つけました。
    おっしゃる通り、釣るために出来たシステムです。
    柏木流は源流から下流域まで自在に対応することが目的で生み出されたシステムだと思いますが、私のシステムは湖の大物を釣るために考えたものです。
    普通のテンカラ竿では、最初の突進で竿が延されてアウトです。また、取り込み時にはラインをつかんで引き寄せますが、超大物には対応できません。フライのようにラインを出し入れして弱点をカバーしようと考えました。
    長竿とラインの細さがアドバンテージとなり、魚の警戒心も薄れてヒット率が高まるとともに、竿のしなりと僅かなラインだけでファイトするので、スリリングで楽しいですね!
    ドライワカサギという毛バリ??も持っていますが、リアルさではワームに敵いません。釣ることが目的なので、何の躊躇もありませんでした。
    フライマンでもワームを持っている方が結構居ますよ!!
    擬似餌で釣るという面で、えさ釣りと一線を引けるか引けないかの違いですね。
    ブログ頑張ってください。

  3. まっさんへ
    コメントどうもありがとう。今度また行きましょう!

  4. どうも。月曜日に、久し振りに釣りの感触を楽しみました。

    梅雨でいつ雨が降るやら読めない中、肌が焼けるくらい暑い晴天だったので、気分は良かったです。

    安藤商会の指導のもと、ブルーギルが何匹もかかったのは快感でした。

    基本的にインドア志向ですが、たまには太陽の下で過ごすのも良いもんです。

    また出掛けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です