フライキャスティングでブルーギル釣り! 2話

こんにちは。

2019.05.06(月)

全国のブルーギル ファンの皆様、やっと待ちに待った季節がやって来ましたねっ!

ブログ、フライキャスティングでブルーギル釣り!の記事を書いたのが、去年の7月の終わりですので、それから10ヶ月近くが経過しています。

去年のブルーギルの釣りは、その後寒くなるまでルアータックルでもフライタックルでもよくやりましたが、とりたてて記事にはしていませんでした。

「…ですがっ!」

今年もやっとブルーギル釣りの季節が始まり、あえてギル狙いをメインに釣行してきましたので、”フライキャスティングでブルーギル釣り! 2話”を更新したいと思います。

私はこの魚の釣りが大好きです。

毎年、ブルーギルが釣れる期間中は、”暇・退屈”などといった気分になることは無いですね(笑)

もぅ、釣りがしたくてしたくって、日常生活のやらなくてはいけないことが、手に付かないほどです。

「…それって病気じゃないのか…?」

と、言われそうですが、そうなのかもしれませんね。

たぶん私のような人は、周囲に”カミングアウト”しないだけで、全国にたくさん潜伏していると思われます。

「フライの雑誌 バスギル」の画像検索結果

ですから私のような人達は、”池の水ぜんぶ抜く”といったTV番組などを観ると、TV画面に写った魚のように、自身も身悶えして苦しんでいると思われます。

いくら、害魚駆除の為とは言い、

「これが正義なのだっ! ドンドン殺せっ!」

と、なんのためらいも無く、自分の楽しみの対象が奪われるのはツライですよね。

ブルーギル自体に罪は無いのですから。

…。

では、”フライキャスティングでブルーギル釣り! 2話” スタートします。

できるだけ軽装備で気軽に遊ぶ。

訪れたのは、名古屋市南区にある、”YBT公園の池”です。

今回は、フライフィッシングでのブルーギル釣りがメインですが、あえて軽装備でお気軽に遊んで来ました。

上の画像に写っている釣具が、今回の釣行の全てです。

フライロッドとライン・リールの他には、フライボックスとラインクリッパー・フォーセップ(針はずし)、偏光グラスとナイロンハリス1号スプール。

たったこれだけですので、フィッシングベストもタックルボックも必要ありません。

リーダーレスのラインシステム

通常は、フライフィッシングのラインシステム(仕掛け)には、”リーダー”と呼ばれるテーパー形状をした2~3㍍のラインを、フライラインとハリスの中間に入れます。

Maxcatch 5枚1パック フライテーパードリーダー フライリーダーライン 9ft &7.5ft, (0X-7X) セット

これは、フライキャスティングで綺麗に毛鉤をターンさせたり、川の流れに自然に毛鉤を流す為に使用するのでが、私はあまり使いません。

上の画像のような、”リーダーレスコネクター”というパーツを使い、リーダーをパスしフライラインに直接ハリスを結んでいます。

リーダーがありませんので、綺麗なキャスティングでフライをターンさせたりはできませんが、ライントラブルも少ないです。

小さな池のような場所では、キャスティングの距離もそんなに必要ありませんので、このようなラインシステムで釣りをしています。

正統派のフライマンから見たら鼻で笑われそうですが、お手軽はフライフィッシングには便利なパーツですので、興味の有る方は一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

リーダーレスコネクターの発売開始!

リーダーレスでのフライフィッシングに関しては、Kingfisherさんがホームページに「リーダーレス論」として、とても分かりやすく書いておられますので、そちらもぜひご覧ください。

「リーダーレス論」http://homepage-nifty.com/kingfisher/leaderless.htm

”Kingfisherさん”、詳しい解説どうもありがとうございます!

トップウォーターでのブルーギル釣りに大満足!

ブルーギルの釣りといえばっ!

そうっ! もちろんトップウォーターでの釣りが最高に楽しいです!

逆から言えば、

「お手軽にトップウォーターの釣りが楽しめるから、ブルーギルを釣っている」

と、言うほうが的確ですね(笑)

使っているフライ(毛鉤)は、ブルーギルのトップウォーターの釣りに特化させた、”フォームカディス”です。

このフライは、”エルクヘアーカディス”という、フライフィッシングの定番ドライフライに、浮力の高いフォーム材のオーバーウイング(上の羽根)を取り付けたシンプルなフライです。

ワームでのメバル釣り用のフックを使用していますので、ハリスを結ぶアイの穴が非常に大きくて、初心者や子供さんでも扱いやすいです。

通常のドライフライ(浮かぶ毛鉤)は現場で、”フロータント”と呼ばれる浮力剤での処理を行いながら釣りをします。

ティムコ(TIEMCO) フロータント シマザキ ドライシェイクスプレー 50cc

ですが、”フォームカディス”は浮力の高いオーバーウイングのおかげで、フロータント無しでも浮力を長時間維持できます。

このフライを、木の下のような日陰にキャスティング。

水面に浮かんだフライを、ほとんど動かさないで様子を見ます。

偏光グラスを掛けての釣りですので、魚がフライに接近して来るのを目視で確認。

魚が現れないなら、ほんの少しだけ(15~30センチくらい)ロッドで引いて誘います。

すると、フライが動いて水面にできた波紋に反応して、水底からギルが浮上してきます。

フライさえ見つけてもらえれば、この釣りは8割以上成功します。ほとんどのギルはバイトしてきますので。

ス~ッと、浮上してフライの後方に接近したギルは、

「…チュポッ!」

と、かわいい音を立てて下からフライを吸い込みます。

この瞬間を逃さずに、すかさず軽る~くロッドを引いてアワセを入れればフッキングします。

トップウォーターで掛けたギルは、フッキングが成功すると横に走ります。

フライラインが弧を描いてカーブしていきます。

「掛かったぁっ!」

この瞬間がたまらなく楽しいのです!!

慌てて力一杯にアワセると、魚が水中から飛び出したり、衝撃で口切れしてバラしてしまいます。

アワセは、軽く、鋭く、短く、ですね。

アワセのアクションを、”音”で表現すると、

フライタックルですと「ヒョイッ」。ルアータックルですと「チョイッ」と言った感じでしょうかね。

 

。ブルーギルをキャスティングで釣るということ。

以前から、ブログの中で何度も書いてきたことですが、ブルーギルという魚は誰にでも簡単に釣ることができます。

実際に池などでは、小さな子供さんたちが食パンと玉ウキを使い、足元で釣っている光景をよく見かけます。

ですが、ルアータックルやフライタックルを使用して、キャスティングでブルーギルを狙っている方は、あんがい少ないのでは無いでしょうか?

「あんな小さな魚、キャスティングで釣ったって、何にもオモシロイわけ無い…」

そう思っているかた、是非ともキャスティング、それもトップウォーターで釣ってみて下さい。

ブルーギルの釣りの認識が、180度変わると思います。

フライタックではなく、ルアータックルでのブルーギル釣りは、こちらの記事を参考にして下さい。

F氏とのブルーギル釣り 1話

遠投でのブルーギル釣り!

これから、フライフィッシングを”はじめてみたい”、もしくは”再開したい”と思ってみえる皆さん、ブルーギルはフライフィッシング入門には最適な魚です。

ギルのシーズンがはじまりましたので、ぜひ今シーズンこそは挑戦してみて下さい!!

「身近で手軽でこんな楽しい釣りがあったんだっ!」

と、絶対に思っていただけるはずです。

フライフィッシングでのギル釣りの楽しさを紹介した、こんなブログ記事もネットにありましたので、リンクを貼らせていただきます。

フライ・カヤック!!パンフィッシュ!!

https://ameblo.jp/teamnwwhale/entry-11894686749.html

 

フライキャスティングでブルーギル釣り! 3話 へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング