フライフィッシングで海! 5話

こんにちは。

2019.05.02(木)

10連休もあと少しで終わりですね。

皆様、釣りの方はいかがでしょうか?

私は毎晩近くの海(名古屋港)に釣り行っています。

一つ前のブログ記事、フライフィッシングで海! 4話では、10連休スタート前夜にフライフィッシングで根魚を釣った事を書きました。

約10年振りに、フライフィッシングで根魚を釣った事で、嬉しくてその後は毎晩通っています。

おかげさまでよく釣れていましたが、連休中ということもあり、毎日釣り人が多く訪れるうちに、ドンドンと釣果が落ちてきました。

根掛かり対策のフライをテスト

「釣れているうちに、いろんな事を試しておかねば…!」

根魚をフライフィッシングで釣ってみえる方はたくさんいますが、やはりトラウトに比べればマイナーな釣りです。

どんな釣りでもそうですが、世間の情報はあくまでも参考として、自分でノウハウを築いていかなければ、釣りが進んでいきません。

という事で、根魚釣りの一番の悩みである、”根掛かり”への対策用フライをテストすることにしました。

毎晩のように根魚を狙っていると、根掛かりによるフライのロスト(消耗)もバカになりません。

根魚は根掛かりしやすい場所にいますので、根掛かりを拒んでいては釣ることはできません。

フライの根掛かり対策では、一番メジャーな方法としてフックポイント(針先)を上に向けたパターン、”キールタイプ”のフライをタイイングして試してみました。

実は…、以前このパターンは散々根魚に試した事があるのですが、実際に根掛かり対策に効果はありますし、魚も釣れるのですが…。

「…タイイング(毛鉤巻き)が非常にメンドクサイ…(泣)」

現在自分が使っているタイイングバイス(毛鉤巻き用の万力)が、ロータリー機構で無い事もあり、キールパターンのフライを巻くのは手間がかかります。

「そのうちにロータリー機構の付いたバイスを買おう…」

関連画像

 

と思いつつ、早数年…。結局未だにスタンダードタイプのバイスを使っています(泣)。

 

フライフィッシングを始めた20年前には、ダイナキングのロータリーバイス、”バラクーダ”を購入したのですが、

「ダイナキング バラクーダ」の画像検索結果

2回のジョー(爪)交換で本体のカップが摩耗してしまい、一度閉じると再び開きません。ですから現在は引退させました。

タイイングバイスは長く使うモノですから、簡単には購入できませんよね。

高機能の製品は、金銭的な負担も大きいですし。

「タイイングバイスが欲しいなぁ…」

と思っている方には、絶対にロータリー機構付きをオススメします。

私は当分、現在使用しているスタンダードタイプでがんばります!

セイゴ釣りに切り替え。

根掛かり対策のフライのテストを兼ねた釣行でしたが、アタリが少ないので根魚は中断。

久々にセイゴ釣りに切り替え。ピンクカラーの”アーミーベイト”に好反応。

こちらもバイトはあるのですが、喰いが浅くなかなかフックに掛かりません…。

結局セイゴも2匹で終了。

この日は結局、根魚・セイゴ共に2匹のみで終わりました。

フライフィッシングで海 6話 へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング