フライタイイング 第2話 タイイングバイス コッタレリ

こんにちは。

2020-06-27(土)

前回のブログ”フライタイイング 第1話”の中で、TMCバイスⅡについて遠慮無しに言いたいことを書きまくってしまいました。

フライタイイング 第1話 国産最高級タイイングバイス孝

TMCバイスⅡのユーザー、特にカラー:青(ブルー)を所有している方々からの、クレーム的なコメントを覚悟していましたが、今現在のところはまだ大丈夫です(汗)

あくまでも私の個人的見解ですので、TMCバイスⅡ(ブルー)のユーザーの方は、お気を悪くしないで下さいね。

私の現在の愛機 タイイングバイスのフェラーリ!イタリア製 コッタレリバイス

COTTARELLI STANDARD VISE(コッタレリ スタンダード バイス)

上の画像は、少し前に私が購入したイタリア製のタイイングバイス”コッタレリ スタンダード バイス”です。

ジョーは、厚み3ミリの先端が薄くフラットなヤットコのような形状なので、ジョー周りはかなりスッキリしています。

もともとは、サイズの大きなサーモンフライをタイイングするために開発されたバイスのようです。

The Cottarelli Vise] T-Rex Vise Kit | 北海道フィッシングガイド ...

情熱的なフライタイヤーから、“the Ferrari of fly tying tools (タイイングツールのフェラーリ)”と呼ばれているだけのことはあります。

大変カッコいいバイスです。

愛国心の強いイタリアのフライマンには、結構愛用者が多いようでタイイング動画にもよく登場しています。

気のせいか…、イタリア人達がタイイングするフライパターンの発想は、どこか自分が巻いているものと似ています。

コッタレリバイスの構造的な部分に関しては、可動部にベアリングは一つも使ってありません。古典的とも言える、真鍮パーツのネジの締め付け具合での調整です。

締め付け過ぎると動きが悪くなりますし、緩め過ぎるとガタが多くでます。私自身はこの部分は気に入りません。TMCバイスⅡほどではないにせよ、最低限ロータリー機構にだけはベアリングを使って欲しかったです。

TMC TMCバイス II | ティムコ

この点は、私には大いに不満なのですが、このバイスの使用者のレビューというものが、日本ではほとんどありませんので、他のユーザーはどう思っているのかは不明ですね。

タイイングバイスらしからぬ美しいシルエット!!

現貨Cottarelli Vise Travel Ddluxe 綁制鉗綁制臺飛釣飛蠅燒

構造的には昔ながらの古臭さを感じるこのバイスですが…。

さすがの”イタルデザイン”

Lamborghini Huracan - Girls and Cars & Cars Background Wallpapers on Desktop Nexus (Image 2286037)

”タイイングバイスのフェラーリ”と呼ばれる事だけはあります(私は実車はポルシェ派でしたが…)。

Two Heads Are Better Then One | 54 Dean Street - Blog

”Tレックス”という、ジョーが2機装着されたモデルのシルエットなど…。

のカスタム事例画像 さんのの投稿 33枚目

まるで、美女のグラマラスなバストのような…。

そして、ウェイトを兼ねたロータリーハンドルを持つ、テールからのながめは…。

Ferrari & donne en 2020 | Chicas en autos, Coches deportivos, Autos

 

やはり、美女のヒップようなシルエットを彷彿させます(汗)

のカスタム事例画像 さんのの投稿 37枚目

過剰とも言える装飾で仕上げられた、真鍮製のゴージャスな”トリポッド三脚”なども…。

やはり、美女の脚線美を思わせます。

イメージ 8

タイイングバイスなのに、どこから見ても女性的なシルエットなのは、設計者の意図かどうかは不明ですが、結果的に現れた姿は実に魅力的です。

のカスタム事例画像 さんのの投稿 48枚目

コッタレリバイスは、車フェラーリ” ”絶世の美女”と同じく、所有して姿を眺めてるだけでも嬉しいですね。

実際、私のような50歳を過ぎた汚ったないオッサンが使うよりも、”綺麗な釣りガール”が所有するほうが似合うバイスです。

フライフィッシングは、一般的には ”お洒落で知的な釣り” というイメージですから、美女と相性がいいのです。

上の動画は10年以上前のものですが、女性ながら凄いキャスティングスキルです。きっとタイイングも上手いでしょうね。

イタリア職人 フランコ・コッタレリの手創り

こちらの記事の中にも、このバイスの醸し出す雰囲気は絶賛されています。

THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.97/ T.TAKEDA

「今ではただただ眺めているだけで、イタリアの職人「フランコ・コッタレリ」の熱い思いが、うんうん、ひしひしと伝わってくる。」

「かれこれ20数年、私が愛用してきた相棒のRENZETTI PRESENTATION VISE。現在に至るまで何の不具合も故障も無く、バリバリの現役。シンプルながらこれ以上のバイスは無い、と今まで思っていたのだけれど。ああ、ちょっぴり君がかすんで見える仕上がりのバイスなのだよ、ごめんよ。made in Italy COTTARELLI VISE 恐るべし。」

コッタレリバイスの将来…?

イタリアのTV番組で取り上げられた時の動画です。

Franco cottarelli 氏はかなりのご高齢のようですが、町工場でたった独りでこのバイスを作っているのでしょうかね?

そうなると”フランク・マタレリのウィップフィニッシャー”のように、彼が引退したらコッタレリバイスも姿を消すかもしれないですね。

フライ用品は他の釣りに比べると(特にルアー)需要が少ないので、商品どころか製造元自体ががいつのまにか消えている事が多いです。

タイイングバイスから、少し話はそれますが…。

シャフトレス ラージアーバー フライリール : Back Winder Reels

この画像の非常にクールなフライリール。

「いつか機会があったら欲しいなぁ」と以前 思っていたのですが…。

掲載サイト:https://hermit-jp.com/index.html によると、「残念ながらこのリールメーカーは2007年に潰れてしまいました。」らしいです(泣)

このリールとは違いますが、他にもシャフトレスのフライリールは存在します。

私が知る限りでは、杉坂研二氏のフライショップ KenCube が、現在もシャフトレスのフライリールを扱っていますね。

SCIERRA TX1+(FLY REEL)[B0005 001]

 

シャフトレスという構造とアルミ削り出しの製法のせいでしょうか、非常に軽量なリールのようです。

「また 無くなってしまう前に、購入しとこうかなぁ…」といつも思ってしまいますね(笑)

装飾品的なイメージが強い外観だが、使いかっても良好。

話をコッタレリバイスに戻します。

構造的に、回転精度の面で有利な”ベアリング”を使っていないからなのでしょうが、バイス全体のプロポーションはとてもスレンダーです。

精度的には、現代的構造を持つ他のバイスに劣る部分があるのは否めませんが、それを差し引いてもこのバイスの持つ雰囲気のみで購入しても、かなりの満足感が期待できると思います。

コッタレリバイスを実際に使用されている記事も、少ないですがネット上で見つけることができました。

THE COTTARELLI VISE / コッタレリバイス 野に棲む日日

THE COTTARELLI VISE / コッタレリバイス_d0355199_22092427.jpg

「…機能の割にはお値頃だし…」と記載されていましたが、同感です。

私は春のセール期間中と言う事で、こちらでお値打ちに購入させていただきました。

フライフィッシング専門店:ピュアランド

コッタレリバイスの商品のページには、ショップ店長さんのこのようなコメントがありました。

「店長の奥田です。このバイス私も使っておりますがとても扱いやすく、小さなフックから大きなフックまでぜんぜん問題なくタイイング時にバイスにセットしてタイイングすることができ、なんのストレスもありません。是非とも初心者の方からベテランの方まで使って頂きたいフライのバイスだと思います。一度使ってみてください。」

奥田店長、そのせつはたいへん丁寧な対応 どうもありがとごうざいました。購入したコッタレリバイスは、現在我が家で毎日活躍しております。

本場のイタリアには、日本では取扱っていないオプション品も数多く存在するようです。

https://www.1000moscas.com/Tornos-cottarelli

MAGIC HEAD para tornos cottarelli

STANDARD cottarelli旋盤用の水平関節アーム

コッタレリバイスは、日本国内ではあまりメジャーではない気もします(?)が、フライショップでは扱っているお店は意外と多いみたいですね。

フライフィッシング専門店、LASTHOPE

COTTARELLI(コッタレリ)のバイス、フルモンティエディションのご紹介。

COTTARELLI(コッタレリ)のバイス、スタンダードとT-REX、トラベルデラックスのご紹介。

コッタレリバイスは万人にへオススメなのか?

個人的には、タイイングバイスに”精度と機能”のみを追求される方には、コッタレリバイスはオススメしません。

特に ”仕上げの品質” を重視される方などには、コッタレリバイスは満足が得られない部分も存在するかと思います。

私的には、精度を求めるなら、”C&F製 CFT-9000リファレンスバイス” が最高ではないでしょうか?

たぶん世界的に見ても、このC&Fの製品よりも高精度のタイイングバイスは、存在しないと思います。実物の雰囲気は、まるで医療器具ですからね。

特に年中 ミッジ(極小毛鉤)を巻く機会が多い、オイカワ狙いのフライマンやテンカラ師には、このC&Fバイスが欲しい方は多いのではないでしょうか。

そして…。

機能に関しても、コッタレリバイスよりも 前回のブログの中で考察した”TMCバイスⅡ” のほうが高いと思われます。

タイイングバイスを、自動車に置き換えて考えると分かりやすいのですが、商品としての品質や機械としての機能を評価するのなら、国産(日本)車を購入するのが1番なのは、誰にも異論は無いと思います。

プリウスα | 千葉県でトヨタ車の事なら千葉トヨペット/トヨタ勝又グループ

TIEMCO/ティムコTMCViseバイスII

 

ですが、その物自体が放つ ”存在感や雰囲気”などは、輸入車(外車)の中に優れたものが多いのも事実です。

のカスタム事例画像 さんのの投稿 9枚目

Cottarelli Morsetto Travel T-Rex Kit – moscatzetze.com

両車とも、同じ”自動車”という道具ですから、できる事にそれほどの差は無いはずですが、いわゆる ”所有する満足感” は別の価値観です。

実際の話、タイイングバイスほど値段による釣果の差が少ない釣り道具も珍しいと思います。今の時代 1・2千円で購入できるバイスであっても使用に不具合は無いに等しいはずです。

ティムコ(TIEMCO)8107Cサンライズペデスタルバイスクローム053000181091

このことも自動車と同じで、一般家庭の通常の通勤・買い物といった使用なら経済的に優れる”軽自動車”でも何も不具合は無いでしょう。

スズキ 軽自動車 ハイブリッド時代がついにきたか?!燃費40km/L台へ ...

それ以上の経済的負担が掛かっても所有したい理由は、各自それぞれでしょから、タイイングバイスの購入にあたっての製品の選択も、私などが一括には語れないでしょうね。

フライタイイング 第1話へ続きます。

フライタイイング 第3話へ続きます。

ブログ最新記事へはこちらから。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング