マルキュー・パワーイソメでの釣り! 2話

こんにちは。

2019年1月10日(木)

前回の記事、”マルキュー・パワーイソメでの釣り!”に味をしめ、夕方から名古屋港に釣りに行ってきました。

前回の釣りでは、ブラックバスを狙っていたので、サイズは、”太”のパワーイソメを使ったのですが、今回は事前情報で魚のサイズが小さいと聞いていたので、サイズダウンした、”ミニイソメ”を使いました。

「パワーイソメ ミニ」の画像検索結果

カラーはピンク。

タックルはいつも使っている、8.6フィートのメバルロッドと0.8号PEライン。

リグは、デコイ製ジグヘッド・ラウンドマジック1.8gでフックサイズ#6。

これにミニイソメという非常に簡単なものです。

デルタマジック SV-51

釣り方は、岸と平行にキャスト。ジグヘッドが着底したらゆっくりズル引き。

特に難しいテクニックなどは必要ありません。

セイゴとハゼも釣れた!

サイズは小さいですが、”タケノコメバル”がたくさん釣れました。

 

そして、タケノコメバルに混じって、”セイゴ”と、

なんとっ! こんなに寒いのに、”ハゼ”も一匹釣れました(笑)

ハゼは、暑い季節にパワーイソメで何度も釣ったことはありますが、タケノコメバル狙いで掛かったのは初めてです。

パワーイソメ + ジグヘッドで手軽な釣り!

実は、今回のタケノコメバルの釣りは、私の釣りの師匠F氏が最近よくやっていて、釣果を出していた釣りです。

「魚のサイズは小さいけど、簡単にたくさん釣れるから試してみたら。場所も近いし!」

ルアータックルでの根魚釣りは数年ぶりでしたが、釣り初めてすぐに魚は釣れ、そのまま釣れ続きました。

自分はメバルロッドで行ったのですが、ルアータックルを持っていない人は、実際は小物釣り用の”チョイ投げ竿セット”でも可能だと思ます。

「釣り チョイ投げセット」の画像検索結果

”チョイ投げセット”を使う場合は、リグ(仕掛け)に使うジグヘッドのサイズ(重さ・フックサイズ)は、”重め”がオススメです。

なぜ重めのジグヘッドをすすめるのかと言うと、一般的にセットで販売されているリールに巻かれたライン(糸)は、サイズにして2号が多いです。

2号=約8ポンドのサイズと言えば、 ルアーフィッシングをされる方ならお分かりだと思いますが、シーバス(スズキ)も取り込めるほど太い(強い)モノです。

今回の釣りのような小物を釣るには、2号ラインはオーバーサイズです。

”大は小を兼ねる”、という言葉がありますので、確かに不意の大物が掛かった時はラインの強度的に安心なのですが、太いラインは軽いリグ(仕掛け)をキャスティングできません。

正確に言えば、ラインが太いほど空気抵抗や、竿やガイドの摩擦抵抗が大きくなり、キャスティングでの飛距離が伸びません。

同じく、着水してからの”沈み”も、ラインが太いほど遅いです。

なので、入門セットを使った場合は、ジグヘッドの重量は、”重め”がオススメなのです。

(海底をズル引きする釣りなら、2.0g以上の重さはあったほうが良いと思います)。

重量のあるジグヘッドは、ブラックバスや大型根魚を釣るためのものが、たくさんあるのですが、そういったものは同時にフックサイズも上がってしまいます。

今回のような小さな魚には、あまり大きなフックだと魚の口に入り切れませんね。

重量は重めだけど、フックのサイズはあまり大きくはない、ジグヘッドがオススメです。

カルティバ製 ”虫ヘッド” のご紹介!

関連画像

今回のタケノコメバル釣りで、久々にルアーコーナーでアジ・メバル用のジグヘッドを購入しました。

0.2gくらいの極小サイズのジグヘッドは、フライタックルやオモリウキを使ったフロートリグに使うこともありますが、それ以上の重量のジグヘッドを購入したのは、ホントに久しぶりです。

釣具店のルアーコーナーで、ジグヘッドを物色していてオモシロイものを見つけました。

「カルティバ 虫ヘッド」

関連画像

「ジグヘッド 虫」の画像検索結果

 

餌釣り用のジグヘッドらしいです。

一番重い4.5gのサイズでも、フックのサイズは#6番。

入門セットのリールに巻いてある太めのラインを使用しても、今回のようなチビ魚にも対応できると思います。

試しに購入して使ってみようと思いましたが、残念な事にこの時は、2.0gが欠品していたので購入できませんでした。

今度、機会が合ったら購入して使ってみたいと思います。

(餌釣りに使用し、詳しく書いてみえる記事がありましたので、リンクを貼らせてもらいます ↓ )

http://www.tsurisoku.com/news/2017/05/22/800/

ラインナップに大物用 虫ヘッドパワーもありっ!

大物用に、”虫ヘッド パワー”という針を太軸にした商品も出てますね。

こちらも、一番重い10gのジグヘッドでも、フックサイズは#4番。

”アシストアイ”なるものも付いていますので、”孫針”とよばれるアシストフックを取り付けるのにも便利ですね。

ルアーフィッシングのベイトタックルを使って、今回のようなチビ魚を釣るのなら、この虫ヘッドパワーの”6g・#5番”のサイズからが使えそうです。

 

マルキュー・パワーイソメでの釣り! 3話へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング