フライフィッシングでバス釣り! 第14話 暖冬でトップ絶好調!!

こんにちは。

2020年11月17日(火)

昨日の夕方、1時間ほど名古屋市内にある公園の池で「フライフィッシングでバス釣り」をしてきました。時間が短いので釣果は二桁には届きませんが、それに近い数は上がりました。

2020/11/18 追記:この日 二桁に届かなかったので、翌日出直したら20匹超えました(笑)

まだまだトップで釣れていますっ!

11月も半ばを過ぎたというのに、ブラックバスやブルーギルは今もトップで釣れております。

私の認識では、「ギルやバスは暑い時に釣る魚」でしたが…確かに暖冬でまだ暑いですね。

まぁ…釣れるのですから文句はありません。ポッパーでガンガン釣ります(笑)

暖冬でも川は厳しいかも。

私が釣れているのは、水が温まりやすい「池で釣っているから…」なのかもしれませんね。

いつも参考にさせてもらっている、「車田フィッシング」さんが最近投稿された、川のフライフィッシングでのバス釣り動画では、かなり苦戦されています。

ちなみに、

上の画像のナマズは、私の釣りの ” 師匠F氏 “ が先週末連日で夜釣り行き、毎日5匹ずつ釣り上げたそうです。

F氏はルアーフィッシングですが、ポッパーでトップの釣りを「池」で行っています。

小さなポッパーが効果有り

ギルやバスをトップウォーターで釣っているのは、ストローで作った小さなポッパーや、

#10番前後の細軸フックに巻いた「エルクヘアカディス系」のドライフライです。

ルアーフィッシングをされている方達から見ると、フライはまるで「小さなゴミ」のように見えるかもしれません。

ですが、これくらい小さなものでないと、何世代にも渡りルアーマンに攻められ続けられ「警戒心のオバケ」のようになってしまった、「公園の池のブラックバス」などは、とてもじゃないが釣れません。

ルアーで公園の池のブラックバスを釣りたいのなら…

私はフライフィッシングで釣っていますが、この池みたいに釣り人が多い公園の池のバスを「ルアーフィッシング」で狙うのなら、

「ニジマズ釣り堀の管釣りタックル」

エリアトラウト(管理釣り場)用のタックルの基本知識とおすすめ

「アジング・メバリングタックル」

ソフトルアーでアジ釣り《堤防で釣れるアジを疑似餌で狙う》

釣具店のルアーコーナには、ブラックバスだけではなく「エリアトラウト」「アジ・メバリング」のコーナーがあります。

最終兵器

普段ブラックバスを釣っているルアーマンの方は、意外とこのジャンルに興味が無い人も多いと思います。

image

ですが、毎日朝から晩まで(夜中でも!)ルアーマンに攻められ続けている「公園の池のブラックバス」などは、普通のバス釣り用のタックルを使っていても、もぅ数十年以上前から「小バスすら」なかなか釣れません…。

少し視野を拡げ、他のジャンルの「繊細なタックル」を流用する事で、まだまだ公園の池のスレたバスも釣れます。

上の画像のブラックバスは、平日の昼間にこの公園の池でルアーマンが釣ったものです。

50センチオーバーの立派なバスなのですが、口元を見て分かるようにバス釣りとしては、さほど大きくないワームを使っております。

ゲーリーヤマモト:イモグラブ30

この、2グラムにも満たないような重さのワームを、ノーシンカー(オモリを使わない仕掛け)でキャストして、丁寧にボトム(底)を探って釣ったようです。

当然、そのような釣りが可能な「繊細な超ライトタックル」を駆使して出した釣果です。

「公園の池」に居るようなスレたバスには、大きなものや激しい動きのルアーは逆効果です。もちろん水際を走り回ったり、大勢で騒いだりするのも厳禁です。

爆釣 ビッグベイト デカバス 大物 ハンティング ランカーシーバス オフショアー ブリ ヒラマサ カンパチ ヒラメ マグロ にも!の通販はau PAY マーケット - Dejavu

そして…上の画像のような「ビッグベイト」のような巨大なルアーを、ベイトタックルで投げ散らかしているような方は、ただでさえ怯えている魚を追い散らしているだけですので「公園の池」などには来てほしくないのが私の本音です。

このようなデカいものは、どこか大きなダム湖や大河川で投げて下さい。お願いします。

護岸された足元ギリギリでのライズを狙うっ!

理由は分かりませんが、夕方になると岸スレスレで無数のバスがライズを始めます。

「岸スレスレってどのくらい?」と言うと、護岸から30センチ以内です。岸の壁に着いている虫を食べているのかもしれませんね。

岸から1m以上離れた所にフライが落ちると、もぅバスどころかギルでもトップには出ません。

ですから、トップで釣りたかったら「岸にフライを載せるつもりのキャスティング」になります。実際に岸にフライやラインが何度も載ってしまいます。

それが原因でしょうか?岸のコンクリートで擦れるらしく、やたらアワセ切れでハリスが切れますね(泣)

そろそろ「海のフライフィッシング」に切り替えようと思っていたのですが、トップで釣れるうちは楽しいので、しばらくはこのままバス釣りを続けます。

「ブラックバスをルアーやフライで釣りたい皆様っ! 今年は記録的な暖冬で水の中は、まだ秋真っ盛りです。まだまだトップウォーターでバスが釣れていますっ! ポッパーを用意して夕方の池に繰り出しましょうっ!」

フライフィッシングでバス釣り! 初話へ戻ります。

フライフィッシングでバス釣り! 第13話へ戻ります。

フライフィッシングでバス釣り! 第15話へ続きます。

ブログ最新記事へはこちらから。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング