お客様 2020年

ベイトタックルのルアーフィッシングでブラックバスを釣ってみえた”S様””オモリウキ”のモニターをしていただきました。どうもありがとうございました。S様は、娘さんの旦那様が元 バストーナメントプロだったらしく、それがキッカケで約10年ほど前からルアーフィッシングを始められたということです。この日はあいにく、モニター用のオモリウキの持ち合わせがサイズ1号(約4.5グラム)しか無く、ベイトタックルでのキャスティングはかなり困難でした。そんな状況にも関わらず、S様は数匹の良型ギルをキャッチされておりました。

私は普段から、フライフィッシングでブルーギルを良く釣っていますが、一日の間で良型のギルを連発する事は、最近はなかなかありませんでした。フライフィッシングでブルーギルを釣って楽しんでみえる方は意外と多いのですが、ブルーギルを専門で狙ってみると思ったよりも良型や数が上がらないものです。

上の動画は、いつも参考にさせていただいている、”車田フィッシング”さんの最近の投稿ですが、動画の中でこのような事を言ってみえます。

東海地方の野池や川でもそう感じます。大きなギルは減っていると思います。全く居なくなったわけでは無いでしょうが、身近なフライフィッシングの好ターゲットですから、この先の事を思うと寂しいです。こちらは”奥山文弥さん”が最近投稿された動画です。河口湖でのフライフィッシングでギル&バス釣り

「ブルーギルギルでも何でも良いから釣りたい人のフライが多いかな。」

「ブルーギル狙います。」

「6番ロッドがしなっています。」

「ブルーギルでこんなに嬉しいなんて(笑)。」

魚の全長が同じサイズなら、体高が高い分バスよりもギルの方がファイトは強いですから、良型のギルは釣っててとても楽しめます。S様はフライフィッシングにも興味がお有りの様子でしたので、フライフィッシングの基本的な事についてお話させていただきました。フライフィッシングのタックル(釣り道具)に関しては、入門者にはなかなか分かり難い部分が多いのも事実です。特に「最初はどんな物を入手すればいいのか?」といった疑問に、ストレートに回答するのは困難です。私的意見として誤解を恐れずに言い切ってしまえば、源流・山岳渓流を守備範囲から外す事を前提として、

「#5番の9フィート(以上の長さ)のフライロッド。#5番のWF(ウェイトフォワード)のフローティングタイプのフライライン。そのラインが巻けるキャパシティのフライリール(巻ければ何でもいい)。」

番手の数字が上がるほど竿は強くなります。とりあえず、上の仕様のタックルで、小さなオイカワからシーバス・鯉といった大型魚まで全て獲れます。例えば”シマノ ブルックストーン 905”などですね。

ブルックストーン 905 ロッド シマノ

「#5番のフライロッドでオイカワなんてオーバータックルだ」「#8番はないとバスの大型フライはキャストできない」などといった意見も当然あるでしょうが、可能不可能だけで話をすれば、”#5番のフライタックルで獲れない魚はまずいません”

上の写真の雷魚は”#3番のフライロッド”で獲りました。#3番は普通はヤマメなどの渓流魚を釣る竿です。

そして、

こんな”赤ちゃんサイズのブラックバス”や、

”超リトルシーバス(セイゴ)”は、”#6番のフライロッド”で釣ったものです。偶然釣れたのでなく狙って釣ったものです。#6番は普通は管理釣り堀のニジマスを釣るの適切な竿です。このように、フライタックルは許容範囲が広いのです。

S様、本日はお疲れさまでした。ぜひ今度は、ライトなスピニングタックルで軽快にキャスティングして、良型ギルのファイトを楽しんでみて下さい。

2020年6月28日(日)愛知県IMA池 K様ファミリー

お父様とご兄弟の3人でルアーフィッシングでブラックバスを釣りに来ていた、瀬戸市の”K様ファミリー””オモリウキ”のモニターをしていただきました。どうもありがとうございました。餌釣りでの釣果は経験してはいるものの、ルアーフィッシングではまだノーフィッシュという話をされていました。オモリウキと毛鉤の組み合わせは、純粋なルアーフィッシングとは呼べないかもしれませんが、ジャンル的には同じ疑似餌釣りです。この後に、お父様のお仕事が控えているという事で、非常に短時間の釣行になってしまいましたが、小さいながら数匹のブルーギルをオモリウキで釣り上げる事ができました。

VARIVAS 2110 FEATHER LIGHT DRY

Garret store - フライタイイング・フック(Fly Fishing)|Yahoo ...

釣行中に話題に上がった”ブルーギル用の毛鉤(フライ)”についてですが、とくにパターンこだわる必要はなく、毛鉤用のフライフック(針)に適当に視認しやすい物を、糸(スレッド)で縛り付けたり接着剤等でくっつければ使えます。ちなみに、この日使った毛鉤は”バリバス製フライフック・2110#18番”に、細く短冊に切った薄いスポンジシートをスレッド(糸)で縛り付けただけの物です。

「EVAスポンジシート」の商品一覧(ダイソー)

100均で売っているEVAスポンジシートの画像

子供さんの工作程度の技術で作る事ができると思いますので、釣行前にたくさん作っておくといいと思います。フックの購入方法ですが、この釣り場の近辺でしたら、”加藤毛鉤”さんで入手できると思います。少し足を伸ばすなら”上飯田釣具”さんですね(←私もここで購入しております)。ブルーギルの釣る毛鉤を作る場合は、口が小さいのでフックの選択が結構大事です。本日のように、普段から釣りにあまり時間を取ることができないようでしたら、お値段が少々上がりますが、がまかつローズR17-3FT”が抜群の刺さりでオススメです。サイズは#18番前後です。

がまかつ社製・R17-3FT | 吉田毛鉤

がまかつローズR17-3FT 18

がまかつのこのフックは高額ですから、消耗が激しい釣りには経済的に不向きです。フライフックを購入する時の注意として、”表示番手の数字が大きくなるに従い、フックのサイズは小さくなります”。ですから、#18番のフライフックよりも小さいサイズを求めるなら、#20番になります。またフックの軸も極力細いものを選択する必要があります。この辺りの詳しい事は、実際に購入されるフライショップのスタッフさんにお尋ね下さい。

ダイソー釣り具カタログ | 桃尻缶の釣り日記 - 楽天ブログ

オモリウキとフライをつなぐハリスの素材は沈みにくい”ナイロン製”のものがオススメです。この日使ったハリスは”100円ショップダイソーの0.8号ハリス”です。このサイズ以上の太さのハリスは、小さなフライフックのアイ(穴)には通らないと思いますので注意。ブルーギルはまだまだこれからが釣り本番ですので、ドンドン釣って楽しんで下さい。本日はどうもお疲れさまでした。

2020年5月24日(日)埼玉県 コジマ様

先日 オモリウキのモニターに応募して下さった”埼玉県 コジマ様”より、ご感想のメールをいただきました。どうもありがとうございます。

以下 メール内容を記載させていただきます。

ゴールデンウィークもコロナの影響で外出を自粛するなか、
子供の気晴らしになればとごく近所のため池に送って頂いたオモリウキを持参して短時間釣行。
針先にマイクロサイズのワームをつけ
キャストするとストレスなく飛んでいきます!
釣れるサイズは大きくないのですがしっかりアタリとして目視も出来、
子供も楽しく釣りをする事ができました。
発送対応も迅速に対応いただき、
ありがとうございます。

今後はリピートで使用したいと思います。

との事です。娘さんは4歳らしいです。とても可愛いですねっ!小さなブルーギルでもキャスティングして釣ると、ホントに楽しいです!
なるべく細軸の軽量なフックと,、沈みが遅いナイロンライン(銀鱗 等)をハリスに使うのがコツだと思いますね。
2110 FEATHER LIGHT DRY4X Fine Micro barb Long taper point
TORAY/東レ) 銀鱗 50m 0.8号 道糸 ライン 112313 :TORAY-112313:熊人 ...
今後もオモリウキを どうぞよろしくお願いします。

 

2020年4月27日(月) 名古屋港 クリタ様

電気ウキで餌釣りをしてみえた”クリタ様””オモリウキ”のモニターをしていただきました。どうもありがとうございます。この日の海は静かなため、魚の活性が低くライズもほとんど無し。私はフライフィッシングでチビセイゴを4・5匹釣っただけでした。オモリウキと餌(アオイソメ)の組み合わせでも最初は反応はありませんでしが、ハリスに小さなオモリを付けわずかに沈ませるとすぐに喰ってきました。魚は水面直下よりもやや下のレンジ(タナ)で捕食していたようです。オモリウキを使って楽しく釣るのにオススメな方法は、”メバリング・アジング”と呼ばれるルアーフィッシングに使う”極小ワーム”と、0.1~0.5グラム等の”超軽量ジグヘッド”を流用した釣り方ですね。

ヤリエ アジメバアーミーフック No.648 10号

ヴァンフック アジィーフック VANHOOK Bleu AJY-Hook AJ-21S

ワームを使った釣りは、活餌を用意する手間や費用が省力できますので、平日の仕事帰りなどの短時間の釣行にはピッタリな釣り方です。”クリタ様”もぜひ一度試してみて下さい。そして、名古屋港は根魚も数多く、この場所でもサイズは小さいですがボトム(海底)を探れば、ほぼ間違いなく釣れます。

根魚釣りに関しては”こちらの記事”も参考にしてみて下さい。

マルキュー・パワーイソメでの釣り! 3話

釣り方に関しての具体的は事に関して、”こちらの記事”が参考になるかもしれません。

マルキュー・パワーイソメでの釣り! 5話

最近の名古屋港はシーバス(スズキ)の魚影が凄く濃いです。

水面でライズがあるならシーバス、無いなら根魚と狙うターゲットを切り替えればいつでも遊べますので、お互いたくさん釣って楽しみましょう。本日はお疲れさまでした。

2020年4月11日(土) 名古屋港 ニシガキ様

いつもお世話になっている、お客様の”ニシガキ様”から、「名古屋港にフライフィッシングでセイゴ釣りに行く」との連絡をもらい、私も同行させてもらいました。この日の海はほとんど風もなく波も穏やかで、魚の活性はいま一つでした。そして…どこからか流れ着いたゴミが、岸際の海面に大量に浮かんでいます。風が弱いのは、フライフィッシングのキャスティング面では好都合なのですが、海面のゴミはかなり厄介です。ほど、水面&水面直下を狙ったサイトでの釣りなので、リトリーブで水面を泳がせたフライにゴミが掛かってしまいます。ヒット率は岸際も高いですが、今回は岸際のゴミを避けての釣りとなってしまいました。

また、今回 ニシガキ様の用意したフライタックルは、海のフライフィッシングでは定番の#8番でしたが、今夜は無風に近い状態でしたので ややヘビータックル気味。用意してタイイングしてきたフライも、今回の潮の穏やかな状況では、サイズ的にはやはりオーバーサイズだったのは否めません。それでも何匹かの魚がフライにバイトしてきましたが、フッキングに至りませんでした。シーバスのフライフィッシングでは実績の高い”イワイミノー(マジックミノー)”なども試したりしましたが…。

何度か派手なバイトはあったものの…フッキングしません。昔から言われていますが、相変わらず イワイミノーはフッキングが悪いのです…。釣り始めてからだいぶ時間が経過し、そろそろ納竿しようか?という頃に、フライサイズを一気にダウン。

楽天市場】1 取り扱い商品 > ワームフック > カルティバ > スプリット ...

それまで使っていた 視認性重視の#6番のストリーマーから、スプリットショッター#12番のフックに巻いた、海ではミッジと呼べそうな小型のストリーマにチェンジ。ハリスは1.5号のままフリーノットで結束。フライはルアーのように水の抵抗を受けて自分(?)でアクションはしてくれません。太いハリスに小さなフライを直結すると、ハリスに固められたフライは、おかしな向きや角度のまま引っ張られ、ちゃんと泳いでくれません。フライ場合は、泳ぐというよりも”細かく揺れる(微振動)”と表現したほうが適切でしょうか。ストリーマーと呼ばれる小魚と模したフライは、リトリーブでの揺れが命なのです。#12番フライですと、本来は太さ0.8号くらいの太さが適切なのですが、フリーノットやスナップで結ぶことで、#12番にはオーバーサイズのハリス1.5号でも、フライは何とか”疑似餌”として機能してくれます。

フリーノット

”海では小さ過ぎるかも?”と思われる#12番フライに交換すると、ファーストキャスト直後からバイトが連発! 今夜のような海が静かな状況では、長くて細いハリスに小さなフライを結んだ方が、断然 魚の反応が良いですね。このように書くと「そんなの当たり前…」と思われる方もいるかもしれませんが、実際には目の前では、良いサイズと思われるシーバスが派手なライズを繰り返していますので、なかなかフライをサイズダウンするのは勇気がいります。ですが、 やはり 釣りはその時の状況に合わせないとダメですね(泣)もっと早い段階でフライをサイズダウンしていれば…後悔先に立たず…。これも経験の一つだと認識して、自分たちの釣りの引き出しの数を増やしていきたいものです。ニシガキ様 本日はどうもお疲れさまでした。またご一緒しましょう!

最後に、釣りをしながらニシガキ様との雑談の中で「ラインに塗るフロータント(浮力材)って、どこのどんな製品でしたっけ?」

という話で、二人ともどうしても製品が思い出せなかったのですが、思いだせたので忘れないようにココに書いておきます(笑)フライラインだけなく、リーダーやティペットにも塗る使い方もあるようです。

TIEMCO リバイタライザー

ティムコ(TIEMCO)フライラインリバイタライザー

2020年3月23日 名古屋港 アライ様

お仲間3人で名古屋港にシーバス釣りに来ていたアライ様に、オモリウキのモニターをしていただきました。どうもありがとうございました。私が先にフライフィッシングで散々水面を叩いてしまった後でしたので、セイゴの喰いは渋くなっていましたが、数等のキャスティングで小型のセイゴがヒットしました。

たくさんのセイゴがトップで捕食を繰り返していますので、極小のアジ・メバルワームか毛鉤で水面付近をリトリーブすれば、ほどキャスト毎に何らかの反応はあります。小型のセイゴが多いのですが、毎回 1匹くらいは良型も交じるので油断はできません。

名古屋港はしばらくの間、毎晩セイゴのトップウォーターでの釣りが楽しめますので、アライ様達もまた挑戦してみてください。本日はお疲れさまでした。

2020年1月11日 名古屋港 ニシガキ様

お客様のニシガキ様とフライフィッシングで根魚を狙いに、名古屋港に夜釣に行ってきました。ニシガキ様はフライフィッシングでの根魚釣りに関心があり、昨年から必要なフライタックルを準備されておりました。ですが、底釣りに必要なシンキングタイプのフライラインの入手が叶わず、なかなかスタートが切れないでいました。やっと先日、年末年始の休日を利用し愛知県岡崎市に在るフライフィッシング界では超有名人”杉坂研治”が運営するプロショプ ”ケンキューブ ワールド・ワイド・アングラーズ”にてシンキングラインをゲット。やっと本日、安藤商会の案内で初の海フライ釣行となりました。

通常のフローティングタイプのフライラインとは違う、慣れないシンキングタイプのフライラインの独特な飛行感覚と、暗く視界が効かない状況でのキャスティングに苦戦しながらも釣りを続け、初の海フライチャレンジで見事にタケノコメバルを数匹キャッチされていました。

ちなみに使用フライは安藤商会製の、テールに魚皮 ウイングにエルクヘアを使った、キール(裏返し)タイプのエビ(?)フライ。フックにはシャンクいっぱいに糸オモリが巻いてあるので確実に底が取れます(←ここ重要)。このフライでなくても、アジ用の小さなワームを使って釣る事も可能ですが、ワームにまったく反応が無い時などには重宝するフライです。

本当は金属製のチェーンボールなどで、アイ(目玉)を付けた方が良いのですが、私は不精なので付けていません(汗)硬いモノが岩や石にコスったり当たったりする時に発生する音が、根魚にアピールしてバイトを誘発させていると思われるので、ご自身でタイイングされる時にはフックの中央付近に金属製のアイを付けるのをオススメします。大きなチェーンボールほどアイに使うとアピールが強いと思いますが、同時に根掛かりも増えますので、私は小さめを使う事が多いですね。

フライフィッシングでの根魚釣りは、釣りの中でも超マニアックな分野に属すると言えます。そのためにトラウトのフライフィッシングなどに比べると、まだまだ開発・開拓の余地がたくさん残されているはず。ニシガキ様、本日はどうもお疲れさまでした。実は私もシンキングラインのキャスティングは苦手です(笑)ですが、釣りに困らない程度のキャスティングならすぐに身に付くと思います。フライフィッシングで底ベッタリを探る釣りは、フライマンでもやっている人は少ないはずですので、管理釣り堀や湖池などの いわゆる”竿抜けポイント”で爆釣できる可能性を秘めていると思いますので、根魚釣りでこの釣りのスキルを習得しておいて損は無いでしょうね。これからもフライフィッシングでドンドン釣って下さい。