フライフィッシングで雷魚釣り! 4話

こんにちは。

2018.08.16(木)

名古屋市守山区MDG池で、またまた雷魚釣れました。

昨日の、”ベビー雷魚”とは違い今回のは、”リトル雷魚”ってところでしょうかね(笑)

今回もブラックバス狙いでの釣行でしたが、バスの釣果は、”0匹”でした。

この池に通いだしてから、”バス0匹”は、はじめてですね。

この他には、ブルーギルの小さいのが1匹のみでした。

大きな鯉がトップに浮べたフライに喰ってきましたが、慌ててピックアップしましたので、ナンとか喰われるのを避けられました。

足場の高い護岸から、ライディングネットも用意せずに釣っていましたので、大きな鯉を掛けても釣り上げる事ができませんので、今回はパスしました。

写真の雷魚は、6ポンド(1.5号)のハリスでなんとか抜き上げられました。

雷魚はフライフィッシングでよく釣れる!?

はじめて雷魚を釣ったのは、もぅ35年くらい前の中学生の時です。

私くらいの年齢(今年50歳)で、昔から今までルアーフィッシングを続けている方々なら、ルアーフィッシングをはじめたときの対象魚は、”雷魚”であることが多いのではないでしょうか?

私の記憶に残っている限りでは、ルアーで雷魚が釣れたのは3回しかありません。

1匹目:適当に投げた、”メタルジグ”が、偶然に雷魚の目の前に落ち、反射的にヒット。

2匹目:名作ルアー、”クレイジークローラー”にヒット。

3匹目:懐かしのルアー”ダイワ バスハンター”でヒット。

ちなみに、竿(ロッド)は、ルアーロッドではなく、エサ釣りの投げ竿を使っていましたね。

タックルも釣り方も、現在のように情報が無いので、ワケも分からずに釣りをやっていました。

今思うと雷魚の数は、現在とは比較にならないほどたくさんいましたので、私でも釣れたのでしょう。

大人になって、”フライフィッシング”をはじめてから、セイゴやメバル、鯉やブルーギルやバスを数多く釣りました。

実は、雷魚はフライフィッシングで狙って釣りはじめたのではなく、ギルやバスを釣っていて偶然に”掛かった”というのが正直なところです。

つまり、ギルやバスの外道として、フライフィッシングで釣れたことが多いのです。

言い換えれば、”雷魚はフライ(毛鉤)でよく釣れる”でしょうかね…?

フライフィッシングで雷魚釣り! 5話 へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング