フライフィッシングでオイカワ釣り! 第5話

こんにちは。

2020年7月23日(木)

今年は絶好調のオイカワ釣り。時間を取っては通っています。

先日更新したブログ ”ルアータックルでのオイカワ釣り 第13話” の中で紹介しましたが、私の釣りの師匠 F氏もすっかりオイカワ釣りにハマってしまい、仕事帰りに私とオイカワを釣っています。

ルアータックルでのオイカワ釣り 第13話 F氏オイカワデビュー編

元 バスプロのF氏らしく、同じ場所でチビバスもオイカワ釣りの ”オモリウキ” リグで釣っています。

特にオイカワとバスを釣り分けているワケでは無いようですが、私よりも彼の方にバスは良く掛かっている感じです。

オスの成魚狙いでプチ釣行。

最近、オイカワが調子良いので、今回は数よりもオスの成魚を狙ってみました。夕方から雨が降るとの予報でしたので、午後より短時間の勝負です。

メルカリ - バリバス フライ フック 2110 #18 2300 #22 【フィッシング ...

フライは4Xファインの細軸フック#18番に巻いたカディスですが、ボディハックルの代わりにワイヤーを巻いたウェット仕様です。

太軸のフックの方が沈めるには都合がいいのですが、オイカワの様に軽量級のファイターを掛けるには、フックは極力細くしたいのです。

 

VARIVAS オールパーパス・フロロカーボンリーダー9' バリバス - Trout ...

リーダーとハリスはフロロカーボン製のものを使い、水中に入りやすくしました(フロロカーボンのリーダーは¥高いので、普段はあまり使わないのですが…)。

なるべく流れの速い場所を選び、ダウンクロス(対岸下流方向)にキャスティング。着水直後からリトリーブを開始し、積極的にフライに動きを与えます。

果たして釣果は?

オスのみを釣り分ける事はできませんので、いつものメスオイカワもたくさん釣れました。

結果的には、オスの良型は3匹釣れました。

(また写真がピンぼけでした。スイマセン)

オスは元気がいいので、『速い流れの中で大きめの餌を喰っている』というのが私のイメージなのですが、これが当たっているのかどうかは正直解りませんが…。

結果的に3匹釣れたので、『それほど外れてはいない』と言う事にしといて下さい(笑)

フライフィッシングでオイカワ釣り! 初話 へ戻ります。

フライフィッシングでオイカワ釣り! 第4話 へ戻ります。

フライフィッシングでオイカワ釣り! 第6話 へ続きます。

ブログ最新記事へはこちらから。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング