フライフィッシングで海! 7話

こんにちは。

2019.11.04(月)

三連休の最後の日、皆様はどうお過ごしになられたでしょうか?

私はというと、言うまでもなく釣りをして過ごすました。

朝夕はだいぶ寒くなってきたので、根魚狙いで海でフライロッドを振っていきたのですが…。

なぜか?フライタックルで根魚が釣れない…代わりに…

下のタケノコメバルは、クロダイのヘチ釣り師が釣った画像です。

そして、この下の大きなカサゴは、私の釣りの師匠 F氏がルアータックルで釣ったものです。

根魚は居るのですが…、なぜか私のフライタックルには掛からない…。

アタリらしきモノは散発的にあるのですが、なにせキャッチできないことには魚が確認できません。

「まだ、フライタックルでは難しいかなぁ?」

と、諦めムードの最中に、それは始まりましたっ!

水面に無数のライズ、はたしてその主は!?

根魚狙いですので、シンキングタイプのフライラインを使って、海底を探っていたのですが、ふと水面に目をやると何やら無数のライズがあります。

「メバルかなぁ? 根魚はダメみたいだから、アレを釣ろうっ!」

一旦車に戻って、フローティングラインにリールごと交換。

すぐに水面狙いでキャスティングを始めると、

「ククックククッ!」

一投目からすぐに反応がありました。

海面の無数のライズの主は、メバルではありませんでした。小さいですが、ものすごく元気の良い魚です。

「この魚って何だろう? アジかな?」

師匠F氏に写真をメールすると、コノシロではないか?との返信がありました。

まぁ、釣って食べるわけではありませんので、何の魚でも釣れれば嬉しい無邪気な私です。

その後の、ほぼ入れ喰い状態の高活性。バイトも多いのですが、バラシも多いです。

たくさんの小さなサイズの合間には、大きなサイズも混じります。

 

大きな魚で確認すると、魚は”サバ”でした。

フライフィッシングでサバを釣ったのは始めてでした。

ファイトはスピーディでかなり引きます。#6番のフライロッドを絞り込んでくれます。

凄くオモシロイですね!

根魚はダメでも…

そして、海のフライフィッシングではおなじみのこの魚。

シーバスJr = セイゴも釣れました。

いつもならかなり嬉しいのですが、何度もサバの強い引きを味わった後なので物足りなかったです。

オマケにこんな魚まで…

 

”ボラ” さんです。

スレ掛かりではありません。ちゃんとフライを喰ってますので、まぁ良しとします。

目的の根魚は釣れていませんが、サバの強い引きを何度も味わえたのは感激でした。

やはり、海はイロイロな可能性があるのが魅力ですね。

フライフィッシングで海! 8話へ続きます。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。

同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。

  釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング