フライフィッシングでバス釣り! 3話

こんにちは。

2018.08.14(月)

最近通いだした、”名古屋市守山区MDG池”に、またまたフライフィッシングでバス釣り。 先日、フライラインを新調したので, 試し振りの意味もありました。 雷魚が定期的に水面に呼吸をしに現れるだけで、バスの姿があまり見えません…。

「今日はダメかも…。まぁ、新しいフライラインの調子が見れればいいか」

と、思って釣りを続けていると、水面直下に浮べたフライに、 「バシャッッ!」 と、派手なバイトで食って来ました!

いつもそうなのですが、釣る気満々で構えている時に限って、アタリは少ないのですが、適当におしゃべりなどをしながら釣っていると、意外に多くのアタリが有るんですよね(笑)

足場の高いところから釣っているので、バスが喰ってくるのは丸見え。

もちろん偏光グラスもかけているので、完全なサイトフィッシング です。

釣りあげたバスは結局、写真の3匹でしたが、フライにチョイスしてきた魚は10匹以上ありました。 上手くアワセられずに、キャッチできない魚が多かったので、悔いが残る釣行でした(泣)

フライフィッシングでバス釣り!4話に続く。

にほんブログ村の、「釣具ハンドメイド・ランキング」に参加しております。 同じカテゴリーのブログは、こちらよりご覧になれます。   釣具ハンドメイドブログ 人気ランキング

2 Replies to “フライフィッシングでバス釣り! 3話”

  1. コメントどうもありがとうございます。

    ホームページのメニューに「コメントのページ」もありますが、機能していませんでした…。
    ただいまメンテナンスしましたので、そちらの方への投稿でも嬉しいです。

    「フライフィッシング」は、私がはじめた20年前と比べると、今は飛躍的に「手軽」になっています。
    とくに、タックルの入手に関しては、今は釣具リサイクル店やネットオークションなどがあり中古品がお値打ちに購入できますし、釣り方などのスキル面もネットの動画やショップのホームページにアクセスして情報収集できますからね。

    釣りをする知り合いなどに、「使ってないフライタックル誰か持ってたら欲しい…」と、言っていれば、きっと何処かから出てきて、もらえると思いますよ(笑)

  2. こんばんは^^
    フライフィッシングなんとな~く聞いたことはあったのですが、調べてみたらとても難しそうな高度な釣りに思えました。釣りを始めてまだ1年と浅く、この先チャレンジしてみたいなと興味が沸きました^^

    メンテナンスの件教えていただき、ありがとうございます。
    どうもやり方を間違っていたようで・・・(汗
    少しずつなおしていきます^^
    また訪問させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です